会社全てのガラス交換はまるで大掛かりな工事

窓ガラスのリフォームは、省エネルギー住宅を考えるうえで、最も効果的な手段のひとつといえるでしょう。住宅建材の進化は日々進んでおり、密閉性能も格段に向上しています。
エアコンによって適温の調整された空気が外部へ漏れ出るのを防ぐとともに、外気が侵入するのを防いでいるのは、まさにこの住宅建材だと言っても良いでしょう。
しかしどれほど高性能な「防壁」があったとしても、窓ガラスが従来のままではほとんど意味がありません。暖気も冷気も、その窓ガラスを通過して外気へ出ていってしまうからです。

g_045

住宅リフォームにおいて最もコストパフォーマンスに優れているといわれるのも、実は窓ガラスです。壁も屋根も暖房・冷房器具も、入れ替える費用の割には効果が低い印象があるのは、それほど外気の干渉が窓ガラスによって行われているからかもしれません。お暗示費用をかけるのであれば、窓ガラスを省エネ化するほうが効率的というわけです。
このことは個人住宅についてはもちろん、企業のオフィスにも当てはまります。会社全体の窓ガラスを省エネ仕様に交換するのは確かに大工事になりますが、それでも大きな効果が期待できると言えるでしょう。

よく似た事例で、既存の窓ガラスに特殊な熱遮断コーティングを行うというものがあります。これはもちろんガラス交換よりも格段に費用が抑えられるので、実際に導入する企業も多いようですが、思ったほどの効果が得られないという意見もよく聞きます。特に紫外線などによるコーティング剤の経年劣化は、特に熱遮断が必要な南側の窓ガラスで進行すると考えられています。
根本的な処置となれば、建物そのものを建て替えなければなりませんが、それよりも現実的なのが、すべての窓ガラスを高性能なものに交換する工事ということになるのでしょう。

窓ガラスは全てが同一の性能であることが理想です。もしも一部が従来品のままでは、そこから空気が逃げてしますからです。

微細なヒビが入った時はガラス交換の目安と思おう
カビが根付いてしまった窓の対処方法について